ご挨拶

2010年10月、第10回生物多様性条約締結国会議(COP10)が開催され、名古屋議定書が採択され、2014年10月12日に発効されました。
名古屋議定書では、国際的な遺伝資源の移動に関して、またアクセスと利益配分(ABS)について記載されたものであります。これにより、遺伝資源の取り扱いの一層の注意が必要となると考えられます。遺伝資源の取り扱いについての取り決めは、企業だけでなく、大学・研究機関等においても、その対象となります。これらの国際的な動きの中、 名古屋議定書に対応した遺伝資源の取り扱いについての啓発活動や大学・研究機関向けの相談や意見徴集を行う対応窓口等を、国立遺伝学究所 知的財産室 ABS学術対策チームで受け持つこととなりました。今後、関係者の皆様のご意見、ご指導を賜りつつ業務を遂行していきたいと思いますので、よろしくお願い致します。
鈴木睦昭写真.jpg

大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構
国立遺伝学究所 知的財産室 室長
薬学博士 鈴木睦昭